露地野菜栽培では、収穫残渣の処理が問題になっています。病害虫を考慮すれば 圃場外に持ち出すことが推奨されていますが、負担が多く煩雑であり、実態とし て土壌にすき込まれる場合が多いのが現状です。
鳥取県農業試験場では、すき込まれる残渣に含まれる窒素量が1a当たり0.5〜 1.0kgと見られ、基肥の20〜40%に相当することから、キャベツ収穫残渣に、 種々の分解促進剤を施用してすき込み、基肥を20%減肥してキャベツを栽培し、 残渣すき込みの肥料効果を検討しました。その結果、石灰窒素を施用した区の収 量は、施肥量を減らしたにもかかわらず、残渣のみをすき込んだ区に比べ、20〜 30%と大きく上回りました。
これは石灰窒素の腐熟促進による効果と考えられます。残渣処理には、石灰窒素 の使用をお勧めいたします。


 

>>Close

Copyright(C)日本石灰窒素工業会 1999 All Right Reserved